農業生産法人(株)井出トマト農園 トマトブログ

神奈川県藤沢市、井出トマト農園。90年の長きにわたってトマト生産を行っています。豊かな自然の中で、300tのトマトを周年生産。一年中新鮮で美味しいトマトを皆様に。

カテゴリ: 2009年

2009年も残すところあとわずかとなりました。

本年も皆様から格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

厚く御礼申し上げます。

消費者の方に美味しいトマトを、お手ごろで、新鮮にお届けできるよう、来年も日々努めて参りますので、何卒一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

井出トマト農園

トマト苗定植(約2万本)を終えてパソコンに向かっています。

片付けと新しい苗の用意に追われる日々でしたが、なんとか無事に
やり終えほっとしています。

後は、トマトを順調に育てていくことが肝心です。
新しく植えたトマトが順調に育ちますように!


では、畑の様子をご案内します。
畑は何ヶ所もあります。
一つ目の畑です。この中でトマトは育っています。
IMG_2160

今回は、タキイ桃太郎のなかの桃太郎Jという品種です。
IMG_2154

葉の展開している中心、つまり成長点のところにすでに新しい蕾が
見えています。
まだ箸の先よりも小さな蕾です。

この蕾は、本葉が2枚程度の幼苗のころに形作られていて、やっと
目に見える形に成長しています。
IMG_2158

ハウスの中はきれいにしておきたい!という思いから、普段から
ハウスの中をきれいにすることに気をつけています。
毎作終了後にはブロアーとほうきで掃き掃除をして清潔な状態を
保っています。
IMG_2159



2つ目の畑です。
こちらも、品種は桃太郎Jです。定植後2ヶ月程経過しています。
収穫開始の予定は2月上旬〜になります。
IMG_2161

IMG_2162

トマトの実の大きさが写真ではわかりにくいので、対照に硬貨を添え
撮影をしようと思います。
IMG_2163

この元気なヘタを見てください!
1番果はゴルフボールと同じくらいの大きさです。


次は3つ目の畑です。
ここの品種は中玉トマトのフルティカです。定植後2ヶ月程経過しています。
収穫開始の予定は1月下旬〜になります。
IMG_2166


IMG_2173

中玉トマトも大玉トマトとおなじくらいの成長力ですでにゴルフボール大の
果実をつけている。
IMG_2169


次はミニトマトです。
ここの品種はミニトマトのキャロルクインです。定植後2ヶ月程経過しています。
収穫開始の予定は1月中旬〜になります。
IMG_2174


IMG_2175

このキャロルクインはミニトマトの中では収穫量が少ないため、あまり
ミニトマトの大産地では生産されていないのですが、直売所やファーマーズ
マーケットでは味が濃い!と大人気のミニトマトです。
甘みも酸味もしっかりしていてインパクトがあります。
IMG_2176



次は試験品種の加熱調理用専用種のティオ・クックです。
定植後2ヶ月程経過しています。
収穫開始の予定は2月中旬〜になります。
IMG_2178


IMG_2180

縦長でプクプクとした形が興味深いです。
IMG_2181

赤くなったら早速調理してみようと。
IMG_2182



トマトの管理で大事なことは毎日観察することです。
観察して、トマトの様子を見て聞いて、トマトの表現していることを
理解してあげること。
その積み重ねがあって赤い実が収穫できるのです。







本年H21から
・トマトジュース
・トマトカクテルジュース
・トマトケチャップ
・トマトジャム
の製造販売を始めました!

いずれも、当農園のトマトだけを使用しています。

自宅・ファーマーズマーケットではすでに販売をしていますが、
ネット販売はもう少しお待ちください!
収穫の合い間でHP製作を頑張っています(汗)

本加工品を使ったレシピを別サイトで紹介しています。
トマトは万能調味料ですので、いろいろな料理に応用できます。
内容は、手間のかからない簡単料理をご紹介の予定です。
こちらにリンクを張っておきます!
↓↓↓
井出トマト農園 簡単de美味しいトマト料理レシピ集

今年のミニトマトの収穫が終了しました。

お客さまには、大変ご愛好いただきましてありがとうございました。

次の作は、2010年1月中旬〜の収穫予定です。



ミニトマトは、今年初めて栽培を始めましたが、他の生産者のミニトマト以上に
コク、酸味とも有りまして農園主としても満足な出来栄えでした(^^)

この、他の生産者との味の違いは何かと申しますと丹沢山系の伏流水を
使用しているという点と樹の上で完熟させているという点のほかにも・・・・
科学的根拠(企業秘密)ということでいろいろとございます。

苦い点としては、味が乗ったが、収穫量が想定の8割程度だったことでしょうか(^^;


当園のミニトマトファンのお客さまには、収穫が途切れまして大変申し訳ございません。
「他のとは味の濃さがぜんぜん違う」
「普段買うミニトマトとはぜんぜん鮮度が違う」
など、お褒めの言葉をいただきましてよりいっそうの努力をしなければと感じました。


次の作も、今回と同じ品種ですでに育成しておりますので、収穫までしばし
お待ちいただきたいと思っております。

今後とも、美味しい果実を栽培したいと思いますので、消費者の皆様には
どうぞ、継続して購入していただければ幸いです。

よし、今後も頑張るぞ〜!!

井出トマト農園では、手作業で一つ一つ計量し選別する方法に
こだわっています。

通常、一般的な選別方法は機械で選別する方法です。
これは、例えるなら「おむすびころりん」の様に、トマトが
転がっていきます。

そうすると、回転してトマトにストレスが掛かります。
そして、早く痛み味が落ちていきます。残念(涙)

どの農家も機械での選別が最良ではないことは分かっています。
しかし、機械を使わなければコストに見合う仕事ができません。



私は、自分のトマトが機械で転がされていることにショックを
受けました。

それからは、機械で選別しない方法にすべて変えました。
そして、完熟で販売することが可能になりました。

お客様からも、井出さんのトマトはすごく日持ちがする。
赤くてほんとにおいしい、などとそれ以降よろこんで
もらっています。

これからも、手作業での選別にこだわって一つ一つ
大切に扱って行きたいと思っています。

※2012.12追記 現在はゼロトレイ式選果機を導入しているため手選別では
 なくなりました。

私の農園のトマトは、できるだけ樹の上で完熟させたトマトを
販売しています。

おいしいトマトの条件には、この樹の上での完熟が欠かせません。


普段スーパーにに並んでいるトマトも赤いとは思います。

しかし、樹上で完熟して赤くなったのではない!と断言できる品物が
多々あります。

では、なぜ市中に出回っている地方の産地のトマトは青く収穫されるので
しょうか?

答えは、農家が収穫してから、売り切るまで長い時間がかかるためです。
しいて言えば市場や農協からは、その着色度合いで収穫することを要望されるからです。

特に、遠くの産地から届くトマトほど、トマトを長持ちさせるために
青く収穫することが多いと思います。

どの農家も完熟で収穫すればおいしいのは分かっていますが、
売り物にならない!と出荷物を付き返されては生活が成り立ちません。

ですので、本物の完熟のトマトは貴重な食材だと私は思っています。


【青く収穫したトマトと完熟トマトの違いとは?】
糖度と食感、フレッシュさが大きく違います。
完熟トマトの方が、糖度はやや高く、果肉に水分が
あふれていて果実が張っています。

現在は、ミニトマトとミディトマトの収穫に追われながら、
桃太郎トマトの片付け作業をしています。
今日は、だいぶ暑かった〜。


2009年春作の桃太郎トマトは終了してしまいましたが、
直売所のお客様たちからは「もう終わってしまったの?
少しでもいいから譲ってくれない?」との
お声をいただいています。

桃太郎トマトは、真夏は栽培が不向きなので現在は
収穫が途切れていますができればお声に答えたいと
思っています。

しかし実は、その答えの一つを現在企画中です。
おいしさそのままでお届けしたいと。

キーワードは、フレッシュトマト100%、無添加、誠実
です^^

9月を目処に井出トマト農園HPにて発表したいと思っています。

ミディトマト(フルティカ)、ミニトマト(キャロルクイーン)は、
8月20日ころまでの目安で、直売所にて販売中です。

ミディトマト(フルティカ)は華やかな香りと甘みが特徴の
品種ですので、この機にどうぞ、お試しください!!



春作の桃太郎トマトは、ご好評いただいたまま無事に
収穫が終了しました。
ご愛好ありがとうございました。

次の桃太郎トマトは、9月10日ころからの収穫・販売となります。




桃太郎トマトの8月の時期だけは昼夜の寒暖の差が足りず、
納得のいく良いトマトができにくいため避けています。

その間も、次のトマトに向けて8月もせっせと作業しております。
暑いですが、スタッフ一同次のトマトに向けて頑張りますので、
応援お願いします!



本命のハウス桃太郎は、現在20,000本栽培中です。

先週は、曇りと雨続きで悪天候ばかりでしたが、
それにもめげず順調に良い出来です。

病害・病虫は全くなく、すごく良好な状態です。

さんさんと太陽に当たっています。
今は、2段目の収穫がピークになっています^^

一般にも、料理人の方にも、ほとんど理解されていませんが、
段数が変わると、味が微妙に変化します。
味もそうですし、酸味、果肉の厚み、硬さ、果皮の厚み、果肉の質など。
それゆえ1段目と5段目辺りではかなり同じ樹でも違います。

段数の違いで味が分かるようになるとプロです。

2段目のトマトは今しか味わえませんので、どうぞお試しください!

キーワード「井出 トマト」でご検索くださいますと、
ネット販売のページがございますのでそちらより通販できます。

IMG_0989_R


















IMG_0987_R


















IMG_0985_R

ミニトマトも今回初めて試験栽培をしています。

品種は千果、千果改良種(TTM-019)、キャロルクイーンです。

今日、初収穫をしました。
初めての収穫ですが、鈴成りで風景が綺麗です!

味のほうは、酸味も甘みもしっかりあってまさにフルーツの様でした!
千果の糖度はなんと8.5%もあり、濃厚でした!^^

ミニトマトは、限定30本しかありませんので食べられたあなたはラッキーです。


IMG_0960_R


















IMG_0959_R


















IMG_0945_R


















IMG_0955_R

↑このページのトップヘ