私の家の直売所です。
直売所
毎日、お客さんが来てくれます。
直売所ではA品、B品に品物を分け、パック販売をしています。
やはり、生ものは新鮮なうちが一番おいしいので、常連のお客様が多いです。




トマトの流通経路について

トマトの流通経路は一般的にはこのようになっています。
農家→農協→卸売市場→(他の卸売市場へ転送)→中卸 →小売店→消費者
この経路をたどると4日〜7日経たないと店頭へは並びません。
食卓へは5日〜8日経った頃です。
どんなにおいしいトマトでも味気ない品物に変身してしまいます。

直売所では 農家→消費者 です。
収穫してから1日以内で食卓に上がることが可能です。

トマトは収穫してからも、糖分を消費しながら(鮮度を落としながら)生きています。
甘みと酸味のバランスでいったらやはり、新鮮なうちがおいしいということです。

せめて、直売以外の流通経路も
農家→小売店→消費者 となるべきですね!