こんにちわ。

今日は雨の予報でしたが、少し日差しも出て
割と暖かい日になりました。

これからはやっと涼しくなりトマトに適した季節です。


今年の夏のトマト栽培を振り返ると
暑くて暑くて、トマトが苦しかったろうと…。

今年から一年中トマトを収穫できるようにハウスごとに輪作
体系を作っています。
でも、初めての真夏の作は一年中で一番難しいことを体験しました。

せっかく育てた果実も半分くらいは生理障害果で捨ててしまいました。

日中気温30度超え、夜は熱帯夜の状態。

こうなると気温が高いので、肥料があっても
根が肥料を吸いにくい状態で
いろいろな肥料要素欠乏によって生理障害を
引き起こしてしまいます。

なんとかこの夏の苦境は克服できないものか?!

今年の失敗を来年の夏に生かしたいと思います!


〇トマトの旬について〇
関東平野部では「真夏はトマトの時期」ではないのです。

北海道や東北とか涼しい地域が適期になってきます。

うちの農園の立地では真夏・冬の厳寒期は
正直に言って不適な時期です。

当農園の地域ですと、春と晩秋が気候的には旬に
なりますが、これは今後の栽培技術で改善していきたいと
思っています。

それと、収穫のステージが味には影響しますが
後日またそれは書きたいと思います。