農業生産法人(株)井出トマト農園 トマトブログ

神奈川県藤沢市、井出トマト農園。35年間トマト一筋に1haのハウスでロックウールを使った水耕栽培をしています。農地・農園風景を守り、年間100万個のトマトを周年生産。作型の連係で一年中新鮮で美味しいトマトを皆様に。

9月に種まきをし、1号棟に定植したトマトたちは、広々としたハウスの中でグングン成長し真っ先にピッコラカナリヤが色付きました。

ツヤツヤとして、キラキラ輝いているようです。
この子たちは、きっと美味しぞ!
IMAG0433

11月26日(火) 晴れ。
藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町 2市1町合同のバスツアーの日です!

「マイクロバスで2市1町の農家や漁港を訪問し、生産者から話を聞いたり、実際の生産現場を見学することにより、地域生産品への理解を深める」のだそうです。
漁港からスタートし、2軒目が当農園だそうです。
参加者45名、関係者17名、総勢52名様!
皆様お買い物もとても楽しみにしていらっしゃるとのこと、試食・試飲もご用意しなくては!
直売所の中にはとても全員は入れません。
晴れて良かった!

で、11:30、御一行様、ご到着。
IMG_1856

















まずはハウスをご覧ください!
IMG_1851
















ご試食とお買い物タイム。
ご試食用にミニトマトを串刺しにした「トマト串」はあっという間になくなりました。
お買い物も大盛況!
IMG_1858
















30分という駆け足でしたが、皆様の笑顔、わすれません!
ありがとうございました!

11月23日は勤労感謝の日です。

東京原宿の明治神宮では、勤労感謝の日の起源となった「新嘗祭」(にいなめさい)と、農林水産祭式典が行われ、出席いたしました。
貴重な経験をさせていただいた1日でした。感謝。

新嘗祭は、
「宮中の儀式の一つで,11月23日天皇が新穀を天神地祇に供え,天皇みずから食す。旧祝祭日の一つであったが,第2次大戦後〈勤労感謝の日〉として国民の祝日の一つとなった。」(世界大百科事典)
とあります。
実りの季節の大事な行事で、明治神宮は御社殿で行われます。
お参りのついでに眺めることは出来ますが、席を用意されての出席はそうそう出来るものではありません。
今夏、第62回全国農業コンクールで農林水産大臣賞をいただき(7月21日のブログ)、お招きをいただいたのです。

IMG_1823
















おごそかな巫女の舞。
IMG_1811

















各地から届いたお供物がきれいに飾られています。
大迫力!
IMG_1833

IMG_1845






























井出トマト農園の製品も。 大迫力!
IMG_1844

















続いて、同日明治神宮会館で行われた農林水産祭式典に出席。
こちらは、全国の各コンクール等で表彰の栄に輝いた農林水産業者が一堂に会し、農産、畜産、林産など各部門で、さらに栄えある「天皇杯」を受賞した農林水産業者を表彰するのです。
さすがにすばらしい業者さんばかり、井出トマト農園も天皇杯目指して頑張ります!
IMG_1828


11月22日は日本ヒューレットパッカード社のプリンターCM用の撮影でした。

制作会社の方々が20名ほど、ほぼ1日がかり、当農園のスタッフもたくさん出演しちゃいました!
12月上旬、インターネットで放映されるそうです。

ハウスにて、収穫シーンからスタート!
IMG_1775
















選果場での撮影風景。
IMG_1791
















農園の直売所兼事務所に最新モデルがやってきた!
プリントの実習。
すごーい、速ーい、キレイ〜!!
IMG_1796















皆様、おつかれさまでした!
日も暮れた頃に終了、そのあとはお買い物ツアーのようになりました・・
本当に、ありがとうございました!!

こんにちは、スタッフの「Y」です!

井出トマト農園のトマト加工品は、100%自家栽培のトマトを使用します。

なかなか見ることのない製造現場、とうとう目撃しましたー!
この日はケッチャップ作り。
大きなお鍋に真っ赤に熟したトマトを大量に投入!
これを6時間ほど、ひたすら煮込むのです。

煮込んで煮込んで煮込む・・・
すべてが溶けたところで裏ごしして、また煮込む・・・
最後にお塩少々と一味唐辛子を少々、以上!

化学調味料も保存料も一切使用しません。
本当にお家にある調味料だけで出来ちゃう。
でも、お家では同じ味わいにはならないのですよね・・
大量さ加減と、なんといってもお鍋が違う!のです。
こりゃあ美味しいハズです。

でも・・・
基本、煮込むだけなんです。
ウチのお鍋でもできました、それなりにとっても美味しい♪
皆様もぜひお試しください!
IMAG0396

井出トマト農園には「苗テラス」があります。
井出トマト農園のトマトは、全部自家で種まきから行う、100%自家栽培です。

種まきをして、「苗テラス」で大切に大切にしてあげると、やがて双葉が・・・
もう少しおおきくなるまで「苗テラス」で大切に大切に育てます。
いわば赤ちゃんの「保育器」ですね。
人間とおんなじです。
IMAG0385

10月30日は、TV神奈川「旬菜ナビ」の撮影でした!

地元の材料でピザを作ってもらうという筋書き、一番最初に当農園にいらっしゃいました!
旬菜キャッチャーの山崎彩さん。
まずはハウスで、「ピザに合うトマト」桃太郎はるかをご試食。
「ん〜!旨さ凝縮〜!」とのご感想!♪
IMG_1661
















にこやかにツーショット!
IMG_1669
















直売所ではミニトマトの試食を撮影、自慢の(^^)加工品もご紹介くださいました。
撮影終了後には皆さんでお買い物もしていただきました。
ありがとうございましたー!!
IMG_1682

テレビでよく見かけるキャリーのCMです。

「軽トラ野郎」のキャッチコピーが強烈ですね。
低燃費だということでとても気になります!

さて、この後ろの畑に植わっているトマトは・・・?
どこの農園から移植したでしょうか?

もしかして、、、、、そうです。(^^)

10月18日、千葉大学園芸学部の研究会の皆様が
視察にお越し下さいました。

皆様真剣な表情でメモをしたり写真を撮られたり・・・
熱心にご覧になっていました。

ご研究のお役に立てたなら幸いです。



大勢でお越し下さってありがとうございます!
IMG_1628















丹精込めた成果をご覧いただき光栄です(^^)
IMG_1623















苗テラスを見学、育苗の説明に力が入ります。
IMG_1621

8月22日 神奈川県知事を表敬訪問しました。

名誉賞受賞の経緯と、農園の概要について説明し
ジュースや加工品も召し上がっていただきました。

なかなかお目に掛かれない方にお会いできて貴重な体験でした!

IMG_1302












IMG_1308

















黒岩県知事と記念写真
IMG_1321-2
















黒岩県知事と握手
IMG_1323












IMG_1324

















神奈川県環境農政局局長 中島さん、農政部長 篠原さん らと面談。
IMG_1326












IMG_1330

神奈川県内には5つの農業高校がありますが、
夏休みを利用して8月9日に先生と共に50名が
勉強にいらっしゃいました。

真夏の暑い日の午前中でした。

IMG_1140

IMG_1147




























右横にいる先生は、自分の高校時代に果樹の授業をしてくれた先生です。
IMG_1156












ロックウールの培地を熱心に見ています。
IMG_1160















真夏なのでトマトの出来はまあまあ。圃場も見学しました。
IMG_1161

IMG_1171

IMG_1172

IMG_1173

立教大学 映像身体学科3年生の生徒さんから依頼で
トマトの栽培の様子を映像作品にしたいということで、
撮影と取材に来園されました。
IMG_1136











IMG_1137









IMG_1135










IMG_1134




























今後出来上がった作品は、大学のHPに載るそうです。
学生さんたちが普段知らない部分を伝えたいと意気込んていられましたので、
さて、どんな作品が出来てくるのか楽しみです。

真夏の日差しが降り注いでいますが、ハウス内の日差しは
わりとやわらかくなるようにしているので、木陰のようです。

今年の夏の高温対策は、かなり気を使っているのでまずは順調に
収穫ができています。

ここは1号棟のフルティカの様子です。
IMG_0862















ちょうど今、このハウスのフルティカは最盛期を迎えています。
IMG_0863


















テーブルに並べてみました。
IMG_08655















IMG_0866















IMG_0867
















切ってみました!
IMG_0873
















糖度は6.9%。食感が良く、少し冷やしてパリッと食べるのが快感です^^
IMG_0876
















食感の良いフルティカ、ぜひどうぞ!
IMG_0880






いつもの加工所で、今日は1200kgのトマトジュースづくりです。

トマトジュースは一年分をこの時期に仕込みます。

時期によってトマトの味も違うので、毎年同じ時期に製造することで
味のバラつきを抑えられます。

ヘタ取り・洗浄をしたトマトを鍋に入れるところです。
IMG_0845

















鍋は水蒸気釜で、二重底になっています。
毎日鍋は使っているので、錆びる間もなくきれいです。
IMG_0847















一次煮込みを終えてからは、機械で裏ごしします。
さらに二次煮込みをします。

その後はやっと瓶詰めになります。
IMG_0854
















製品のチェックをしています。
(この時の瓶はまだ熱々で素手では持てない熱さです。
瓶が冷えることで、キャップと瓶が密着して気密を保ちます。)
IMG_0852















今日もおいしいトマトジュースができました!
瓶詰め後、〇ケ月寝かしてから販売を開始します。

7月18日の「第62回全国農業コンクール」にて、名誉賞と農林大臣賞を受賞いたしました!

昨年の末から準備していましたが、審査委員の先生方に大変感謝です。

また、大会では全国からの代表の20組が発表しましたが、
どの農業者の方も一生懸命やっておられる方ばかり!
大変刺激を受けいい機会になりました!!


7月19日 毎日新聞の記事です
名誉賞
























7月18日のリハーサルの写真
P1030426


















会場は約1000人の席数です
P1030427


















大会の場所は福島県郡山市です
原発の被害を受けた福島県で行う意義のある大会になるよう皆願いを込めました!
P1030428



















7月19日本番当日です!!
宮崎県のしょうがの福田さんと一緒に
P1030431

















いよいよ開会式直前・・・!
P1030433

















毎日新聞社社長 朝比奈様!
P1030439



















福島県佐藤 雄平知事!
P1030441


















いよいよ発表です。20人中の9番目でした!
P1030450


















発表題目は「新鮮なトマトを消費者に届ける!
         〜親子で築く都市近郊を活かしたトマト大規模経営〜」を発表しました
P1030453




















講評、大変僅差の審査でしたとおっしゃってられました。
P1030458




















名誉賞の発表の瞬間、、、呼ばれました!!!そして登壇しました!
P1030459




















農林大臣賞の授与!
P1030468




















名誉賞の授与!
P1030473




















記念写真!
P1030480




















取材も受けて、ホッと一安心^^
P1030484



















交流会にて、鏡割り
P1030489


















今後、農水省主催で開催される農林水産祭へ推薦され、天皇杯を競うことになります。
11月22日の天命を待ちたいと思います。




このページのトップヘ