農業生産法人(株)井出トマト農園 トマトブログ

神奈川県藤沢市、井出トマト農園。35年間トマト一筋に1haのハウスでロックウールを使った水耕栽培をしています。農地・農園風景を守り、年間100万個のトマトを周年生産。作型の連係で一年中新鮮で美味しいトマトを皆様に。

「おしゃれイズム」で、藤木直人さんとトマト王子さまが桃太郎トマトジュース180ml飲み切りサイズをお召し上がり下さって、
藤木直人さんが「これ、美味しい!」と一言おっしゃって下さって、
桃太郎トマトジュース180ml飲み切りサイズが売り切れてしまいました。
藤木さんの一言、影響力の大きさにびっくりしております・・・・

そして、売切れ、の文字にがっかりなさったお客様、本当に申し訳ありません!
次回製造まで、どうかお許しくださいませ!m(__)m
(今のところ、12月に製造の予定です)

でも!
720ml 大瓶 はたくさんあるんですよ! みなさま!
未開封なら1年以上の賞味期間、開封後は冷蔵庫で1週間。
小瓶より割安でもありますし・・・(^^)

そしてそして、
オンラインショップでもご案内しておりますが、
桃太郎トマトジュースを使ったリゾット、これにはたっぷり入った720mlが最適です。
本当にとっても簡単なのに本格的な出来栄え! ぜひぜひお試し下さい〜
(↓この写真、なんと社長自らが調理しています)

簡単!お手軽ツナリゾット

材料(2人分):ツナ缶 小1缶、ごはん 200g、
  にんにくみじん切り(お好みで)1/2片分、トマトジュース 1カップ、
  塩・胡椒 各少々、オリーブ油 大さじ1、パセリみじん切り 少々
  あればお好みのきのこを入れるとさらにグッドです!

1.鍋にオリーブ油とにんにく、きのこ(写真はシメジ少々)を入れ弱火にかけ、
リゾット11












2.香りが出たら軽く油を切ったツナを加える。
リゾット22












3.トマトジュースを加えてひと煮立ちさせ、
リゾット33












4.ごはんを加えて塩・胡椒で味を調える。
リゾット44












5.お皿に盛ってパセリをふって出来上がり!粉チーズをふってコクをプラスしても!
リゾット55






「おしゃれイズム」というテレビ番組をご存じですか?
日本テレビ系、日曜日夜22時から30分のトーク番組です。
司会は 藤木直人さん、上田晋也さん、森泉さん。
毎回おひとりのゲストを招き、おしゃべりするようです。

このおしゃれな番組に、井出トマト農園が出てしまいました!

放送は9月28日(日)でした。
5〜6分ほどでしょうか、井出社長がバッチリ登場!
5〜6分は長いです!
といってもスタジオではありません、あしからず。

この日のゲストは水川あさみさん。
藤木直人さんがトマト好きの水川あさみさんに美味しいトマトと
トマト料理をプレゼント! という内容なのです。

とにかく、さすが人気番組、人気司会者!人気ゲスト!
しかも全国ネット!
番組放送中からオンラインショップはご注文の嵐!
翌日は電話の嵐!
直売所は大盛況!

まだまだ止まらず、井出トマト農園は大変なことになっております〜


ロケが行われたのは9月4日でした。
井出トマト農園に 藤木直人さんが!!! いらして下さったのです。
素敵でした、背が高くスマートで美しくて・・・
当然、ウチの女性スタッフたちは・・・歓喜の叫びをあげたのでした。

そしてもうひとり、トマト研究家の「トマト王子」唐沢明さん。
藤木さんとトマト王子を井出社長がハウスにご案内しトマトを収穫したり、
採れたてトマトやトマトジュース、井出社長特製トマトジュースリゾットを
お召し上がりいただいたり。
お昼前から夕方まで、和やかなロケでした。

最後にお疲れ様でした〜 のご挨拶。
osyare















気さくな藤木さんなのでした。
白いブーツの長ーいおみ足が藤木さんです。
こんな写真ですみません。
撮影現場は撮影禁止でしたので・・・。

ロケの帰り際、唐沢さんは Idetomato のシャッターの前で写真を撮りたい!
とおっしゃって下さって、にこやかにポーズ♪
終始現場を盛り上げて下さったトマト王子さま! 本当にありがとうございました!
トマト王子2








9月も早や半ばを過ぎました。
今年は秋の訪れが早いですね。
朝晩は寒いくらいで、とっても楽ですね〜

さて、井出トマト農園自慢のトマトジュース、今年はすごいんです!

初夏の美味しいトマトがたくさん採れる5月〜7月、今年は赤いミニトマトと
黄色いミニトマトのジュースを造りました。

桃太郎トマトジュースとはまたひと味違う、濃厚で糖度の高い格別なジュース!
だから無塩です。 
原料、
トマト。 以上! です。

井出トマト農園のトマトジュースはすべて収穫したてのフレッシュなトマトを使います。

このミニトマトジュースはわずかな食塩さえも入れることをためらうほどに、美味でした。

無塩だけど、
無塩なのに、
とっても濃くて味わい深いのです。

色も鮮やか、自然のままの美しさ。
ちょっと贅沢なトマトジュース。

赤ミニトマトJ_720ml1
黄ミニトマトJ_720ml1



































贈り物にもいかがですか?
秋の爽やかな目覚めに、または秋の夜長に、今だけのリッチな味わいをお楽しみ下さい。
ミニトマトジュースギフト1

いくつかのハウスは、1年間頑張ってくれたトマトたちを片づけ新しいトマトを植えています。
専用トレーに種まきをして、苗テラスで大切に育てたトマトの苗をハウスに定植するのです。

前のトマトを片づけ、きちんとお掃除をして消毒をしたベッドにかわいいトマトの赤ちゃんを丁寧にひと株ずつ植えてゆきます。
IMG_3859
IMG_3852






























どんどん苗を運びます。
IMG_3860
















社長も皆の様子を見て指示をしながら頑張っています。
IMG_3856
IMG_3858































このトマトが収穫できるのは10月の終わりごろでしょうか・・・
はやく大きくなあれ!
IMG_2770

酷暑お見舞い申し上げます!

暑いですね!強烈な暑さです。
トマト達も懸命に耐えて頑張っています。
ですが・・さすがに収穫量が激減しています・・・(汗)
直売所に並ぶトマトも最盛期に比べるとちょっと、かなり、少なめ・・・

こんな時で良かったのかなぁ・・とは思いますが・・・
直売所の前の道が ガス工事で通行規制をしています。

でも!井出トマト農園のお客様は通れるのです!
お近くの方々、いつもご来店下さっているお客様、ご安心下さい!
お店、やってます! 普通に、通れます!!

工事区域の入り口に井出トマト農園のノボリを立て、警備員さんが
声をかけてくれてちゃんと案内してくれます。
IMG_3842

















今週はちょうど直売所の真ん前なのです・・・
工事は朝9:30頃から15:00頃までです。
でも! 通れますからね、みなさん!!
IMG_3843
IMG_3838
































工事はしばらく断続的に続くようです。
しかし・・・工事をしている方達はこの暑さの中、本当に大変だと思います。
農業も大変ですが、道路工事も大変、現場仕事はみな厳しいですね・・

お仕事が終わると、みなさんトマトを買いに来てくれます。
ご家族に頼まれて、と仰る方も。
トマトジュースも人気です。
トマトは夏バテ防止にも良いですからねぇ!
みなさん、トマト食べて明日も元気に頑張って下さい!
そして早く工事を終わらせてくださいね〜(笑)




井出トマト農園のハウスは、かなりしっかりとしたハウスなのです。
頑丈にできています。

ところで、近年の夏は猛暑を通り越して酷暑というべき気温を各地で記録しますね。
夜も気温が下がらず眠れないとなると体が持ちません。
もはやエアコンなしでは夏は乗り切れません。

そんな酷暑の8月は、トマトもとてもつらいのです。
だから実をたくさん付けるのが大変で、収穫量も減るのです。

IMG_2070
















というわけでトマトの詰合せ商品が少なくなってしまっています。
申し訳ありませんが、今しばらく、ご容赦下さいませ!

というわけで、今の時期に新しいトマトに植え替えをするハウスもあります。
そのタイミングで、なんと!フィルムの張り替えをしているハウスもあります。
そう、自分たちでやってしまうのです。
大変な作業です〜!


張り終わった屋根と、これからの屋根
屋根の骨にペンキを塗っています。
IMG_3819
IMG_3829






























側面のフィルム張り。
すご〜く難しそうです〜
IMG_3822
IMG_3826































これが終わったら新しいトマトを植えるのです。
美味しいトマトを育てるハウスです。






    代表取締役 井出 寿利

DSC08857

















7月13日(日)〜19日(土)の1週間、施設園芸メーカー様主催のオランダ農業視察に参加しました。 オランダは施設トマトの先進国なのです。
20年前にも父親とオランダ視察に行ったことがあり今回で2度目の訪問です。
当時もオランダは施設園芸を世界でリードする国であったことを覚えています。
今回は20年ぶりということはもちろん、トマトの生産についてだけでなく企業人として、経営者として見たいものがたくさんありました。今回のツアーはとてもしっかり組まれており行程表は毎日視察予定がびっしり。自由時間はほんのわずかでしたのでこれはしっかり勉強が出来ると心待ちにしていました。
最新のハウス、生産者の高い生産技術、環境管理、労務管理に関する考え方。
ほとんど起伏がない国土、天災がない風土・自然環境。
日本とはさまざまな条件が違いますが、だからこそ勉強になります。
近い将来に活かせること、役立つこと、今すぐ出来ること、新たな見地などたくさんの成果を得て無事帰って来ました。
来春の収穫に向けて新たな品種もオランダより試験導入することになりました。
今後の井出トマト農園にぜひご期待下さい!


この広さと高さ、お分かりになりますか?
DSC08859


















たわわに実る美しいトマト!
DSC08912

















ショウルームにて。 アクセサリーみたいですね。
DSC08752

















DSC08765


















美しく調和する絵画のような街並み。
DSC08681DSC08701





































豪華遊覧船?
お酒としゃれたおつまみをいただきながら回遊します。
DSC08989




















オランダらしい一コマ。
DSC08967
DSC08962

5月6月はトマトの収穫量がピークに達する時期、加工品造りも最盛期なのです。
美味しいトマトで思いっきり造ります。

この日は桃太郎トマトジュースと桃太郎トマトケチャップの製造です。
期待の大型新人「S」が、初めて製造現場を体験しました。

原料の真っ赤な桃太郎トマト。
皆様に召し上がっていただいている、あの桃太郎です。
IMG_3489
















大量の桃太郎を厨房へ。
IMG_3492
















大きな鍋で煮込みます。
「とろっ」とした飲み口がなんとも自然でなめらかな舌触りの秘訣は、1次煮込みと2次煮込みの間に丹念に何度も裏ごしすることなのです。
IMG_3506
















出来ました!
なんだか、感動です。
本当にトマトを煮込むだけ、シンプルでピュアなのですが、製造工程のいたるところにちょっとしたコツというか、こだわりがあり、それが美味しさの秘密なんだなぁ、と思いました。
IMG_3522a
IMG_3524a































みなさん、ぜひお試しください!

JR藤沢駅改札を出たところから始まる「藤沢湘南元気バザール」。よく晴れて湘南の風がさわやか、絶好のバザール日和です!
10時の開店前からたくさんの人が。 
井出トマト農園は入口から2軒め、赤・黄・オレンジなどのカラフルなトマトやズラリと並んだ桃太郎トマトに魅かれて続々とお客様がやってきます。 井出社長も自ら陣頭指揮を執り、総勢5名で大奮闘!お陰様で終了時間ギリギリまで、最後のひと粒まで完売でした〜 パチパチパチ(^o^)
IMG_3421

IMG_3430





























久しぶりに見ました!「チンドン屋さん」  皆さんはご存知ですか?

IMG_3425

一度食べたらやめられないと評判の自家製トマトの加工品。本当にトマトの旨味が活きています。 毎年、初夏の美味しいトマトがたくさん穫れる5月〜7月に製造しますが、今年第一回目のトマトジュース製造は4月23日でした。
まだ4月、昨年より早いです。 それというのも昨年製造したトマトジュース 180ml 飲みきりサイズが完売してしまったのです。
ようやく販売を再開いたしましたが、1カ月は寝かせたほうがおいしいのです。 とりあえず、720mlの大瓶をお求めいただき、180ml小瓶はご購入になってもちょっとの間保管していて下さい!
そのほかにも、今年もまたおいし〜いジャム、ケチャップを造りますよ!ご期待下さい!

爽やかな湘南の海辺でオリジナル加工品の写真を撮ってきました!
ちょっとオシャレでしょう?


IMG_2793


私は日本大学生物資源科学部植物資源科学課の平成15年卒業生です。
井出家は80年以上もトマト栽培一筋ですから、ごく自然に農園を継ぐことを受け入れて育ちました。 卒業後2年間だけサラリーマンを経験し25歳で本格的に就農、お客様に新鮮なトマトを供給出来ていない流通を改善し、「新鮮で美味しいトマトをお客様にお届けする」ための闘いが始まりました。 栽培はもちろん、「井出トマト農園」のブランディングにも力を入れました。 
就農して8年、努力が実り2013年全国農業コンクールにて農林水産大臣賞を受賞、母校の恩師、先輩方も喜んでくれ、学部長賞に推薦されました。学部長賞は教授の推薦書が必要で、教授会の議を経なければならないとありますが、なんと満場一致で決定されたそうです。
これまで何度もくじけそうになりましたが、あきらめずに貫くことの大切さをあらためて実感し、この栄誉を心から嬉しくありがたく受けさせていただきました。 これまでご縁のあった方すべてに深く感謝申し上げます。
                                          代表取締役 井出 寿利  


IMG_3156


IMG_3168  

3月23日、日曜日夕方6時からのゴールデンタイム、井出トマト農園が「ドラGO!」に出演しました。 相模湾で「トマト&シーフードカレー」を作るために食材を集めながら行く、というもの。撮影は3月3日に行われました。  この写真は撮影終了後の記念の1枚。
”撮影風景は撮影禁止”とのことで(涙)最初で最後のシャッターチャンス。 うまく撮れて良かったー。 近頃のカメラってものすごく性能が良いのですね〜、納得!
ヒデさん、亜美さん、コジルリさんのサインもしっかりいただきました!
そして23日にオンエア。 翌日24日の月曜日には、井出トマト農園ホームページのアクセス数が1,000カウントアップ!していました。
ネットのご注文も増え、直売所には「テレビ見たよ〜」とご来店のお客様!
嬉しくて忙しい週明けでした〜
「ドラGO!」、視聴率高いのですね!ありがとうございました!



IMG_2889

先週に引き続き、この週末の大雪!!
皆様はご無事でしょうか??

先週の雪でさえ45年ぶりの大雪、
こんな雪を見たのは生まれて初めてかも! と申していた井出でしたが・・・
IMG_2543















それでも、もしお客様がいらしたら・・ 果敢に駐車場の雪かき。 
トラクター出動!!
IMG_2539















しかし!!!
これで驚くのは早かった!
今回の雪は100年ぶりだそうですねぇ・・・・
電車もクルマもみんなマヒしました。

この雪の深さ、この写真でお分かりになりますでしょうか?
ものすごく! 深いんです!!
IMG_2573
















その夜中・・・
とうとう風下のハウスが大変なことに・・・・
IMG_2569















脚立がささっているのは、井出が屋根の上の雪下ろしをしようとセットしたのですが・・
限りなく降り積もる雪・・・
とても追いつかないし、午前3時・・・寒すぎるっ・・のだったそうです。
その他 室温の管理や、停電、漏電など真剣にアブナイ事態もあり、
井出の眠れぬ夜は続くのでした・・・

でもご安心下さい。
ハウスは全棟無事、トマトたちも元気です!
あ、井出も元気です。

それにしても、トマトを守るための厳しい自然との闘いです。
雪国の方々にはとても恐縮ですが、たった数日の雪でもこんなに大変なんですね。

おはようございます。
スタッフの Y です(^^)

昨年、当農園でヒューレットパッカードの高速プリンターのCM撮影がありましたが
(2013年11月25日の記事)
「YouTube」で観ることができるのです!
完全ノーカット版です!

最初から最後まで、井出が大きく映っているのです。
本人はちょっと(?)嫌がっているのですが、井出トマト農園の「直売所の裏」が見られるチャンスですから!
ご紹介しちゃいます。



井出ファンの方もそうでない方も、じっくりご覧くださいませ!

それにしてもホントにスゴイ超高速プリンターでした!

新年あけましておめでとうございます!

本年も新鮮で美味しいトマトを、心をこめて皆様にお届けいたします。

昨年は神奈川県農業コンクール最優秀賞に決定し、全国大会である第62回全国農業コンクール(主催:毎日新聞社)にて「農林水産大臣賞」をいただきましたが、この度、神奈川県のホームページにこのことが紹介されました!

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p742184.html

受賞時、毎日新聞にも大きく掲載され、その後は多くのお客様からもお祝いのお言葉をいただき、本当に嬉しく、同時に皆様に喜ばれるトマト作りのために更に気を引き締めて頑張らねば!と思いました。

お陰さまで4日の初売りからたくさんのお客様にお越しいただいております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

このページのトップヘ